牛肉使用

手作りキャットフードにおける味付けの注意点とは

昔は人間が食べたご飯の余り物に、味噌汁をかけて与えるのが飼い猫のご飯の定番でした。
しかし現在では人間と同じ食べ物を与えることで猫の健康を害することが分かり、ほとんどの飼い主は猫のためにつくられた市販のキャットフードを与えています。
ここでは手作りキャットフードを作る時の注意点を紹介します。

手作りご飯を与える場合、最初からスムーズに食べてくれるとは限りません。
猫によっても味の好みはあり、食べるモノと食べないモノがあります。
特に猫は気まぐれな動物なので、その日の気分で食べないことも珍しくはありません。

手作りのキャットフードをつくる際には、猫の体に必要な栄養素をしっかり理解しなければいけません。
猫には必須脂肪酸や必須アミノ酸が欠かせない栄養素http://catfood.tokyo.jp/nekonohituyouto.htmlで、市販のキャットフードにはこれらがバランスよく配合されています。

猫に絶対に与えてはいけないモノは、玉ねぎなどのねぎ類やチョコレートや香辛料などいろいろあって、場合によってはそのせいで命を落とすこともあるので十分な注意が必要です。
人間と同じ食事をしていると塩分が多過ぎて猫の寿命を縮めることになります。
大事な猫ちゃんに手作りご飯をつくる際には、塩分や糖分を含むモノは使用しないようにして、生肉は与えないで、しっかり火を通してあげましょう。

猫に必要な栄養素をしっかり把握して、毎日続けて猫ちゃんの餌をつくれる人はそれほど多くはないでしょう。
そこで普段は市販のキャットフードを与えて、おやつや特別な時に手作りご飯を与えることをおすすめします。
普段からどのようなモノが好きなのかチェックすることで、猫ちゃんの好みを把握できて手作りご飯を美味しく食べてもらうことができます。

このように猫というのは気まぐれな動物で、食べ物に関しても気に入らなければ口にしないことも珍しくはありません。
手作りのキャットフードを美味しく食べてもらうには、塩分や糖分は控えて猫ちゃんが何を好きなのか普段から観察しておくことが大切です。