牛肉使用

AAFCOとキャットフードの関係

キャットフードは猫の主食になるものなので、安全性が確認できるモノでなければいけません。
市販されているキャットフードは安全でないの?と思う人も多いでしょうが、残念ながら人間用の食品のような厳しい規制はまだまだキャットフードにはありません。
ここでは安全性の高い商品を探すための目安になるAAFCOについて説明します。

ペットブームである現在では、様々な種類のキャットフードがペットショップやホームセンター・スーパー・通販などで売られていますが、その中には人間が食べてはいけない防腐剤や着色料や香料などの添加物http://www.aaronjae.com/tennkabutu.htmlが配合されているものもたくさんあります。
添加物を使用するのは商品のコストを抑えるためで、毎日与える餌にたくさんの添加物が入っていると大事な猫ちゃんの寿命は確実に短くなってしまいます。

ペット後進国の日本でも、2009年にようやくペットフード安全法が施行されて、以前よりは危険性の高いペットフードが出回らなくなりましたが、まだまだ危険性が指摘されている添加物が配合された商品はいろいろな場所で発売されています。

安全性の高いキャットフードが欲しい時には、AAFCOの基準をクリアしている商品を選ぶことがおすすめです。
AAFCOとはペット先進国であるアメリカの組織のことで、正式名称は米国飼料検査官協会です。
AAFCO基準製品と商品に記載されていれば、一定の安全性の基準を満たしている商品ということになり、安心して大事な猫ちゃんに与えられる餌として判断できます。

もちろんAAFCOの表示がないと危険な商品ということではありませんが、自分でペットフードに配合されている成分が安心かどうか判断できない場合や商品に配合されている成分に不安がある場合は、この基準をクリアしている商品を選ぶことで一定の安心感を得ることができます。

大事な猫ちゃんに毎日与えるキャットフードを選ぶ時にはその中に配合されている成分に危険性がないか心配になる人も多いと思いますが、安全性を証明するのがAAFCO基準製品という記載です。
ペット先進国であるアメリカの組織のAAFCOでは、一定の安全基準を満たしている商品にこの記載を許可しています。
愛猫家たちが認めるキャットフードランキングも参考になりますよ。