牛肉使用

ウェットキャットフードとは

猫の餌となるキャットフードには、大きく分けるとドライフードとウェットフードがあります。
ここではウェットフードを中心に、猫の餌選びについて詳しく探っていくので、はじめて猫を飼う人は参考にして下さい。

ペットシップやホームセンターやスーパーに行くと、現在では数多くのキャットフードが並べられています。
はじめて猫を飼う人はどれを購入していいか迷ってしまいますが、猫に与える餌は成長ごとに与える種類が異なってきます。
生まれたての赤ちゃん猫には母乳か専用のミルクをあげればよく、その後は離乳食を与えて、成猫になればドライフードかウェットフードのどちらかを与えてあげて下さい。

一般的に栄養素がバランスよく配合されているのはドライフードで、水分が少なく噛むとカリカリ音がすることから別名カリカリとも呼ばれています。
これに対してウェットフードは、総合栄養食でないモノがほとんどで、補助的フードの役割をしています。

ウェットフードの特徴は、ドライフードとは違い水分が多いことで、素材そのものの味を感じられるため、猫もウェットフードを好む傾向にあります。
味のレパートリーも豊富で、未開封だと長期保存が可能などのメリットもたくさんあります。

ウェットフードには素材がゴロッとそのまま入っているモノから、スープやシチューやパテやフレークなどいろいろなタイプがあります。
人間が食べるツナ缶のようなモノが多いのも特徴です。

ただし前記したように、総合栄養食ではないモノが多く、柔らかいために猫ちゃんの顎が鍛えられない、歯にこびり付きやすいので歯の病気になりやすいなどのデメリットもあるので、与え方としては食欲がなくなった時や、ドライフードに混ぜてあげるといいでしょう。

このように、猫ちゃんの主食になるキャットフードには大きく分けるとドライフードとウェットフードがあり、ドライフードが総合栄養食としてメインとして与えるケースが多く、ウェットフードは食欲がない時などに与える補助的フードの役割となっています。