牛肉使用

キャットフードと獣医さんの関係

最近では猫を飼う人が急増していますが、大事な猫ちゃんに何かあった時にはすぐに獣医さんに診てもらわなければいけません。
獣医さんは猫などペットを飼っている人にはなくてはならない存在ですが、ここではキャットフードと獣医さんの関係について探っていきます。

ご存知の通り獣医さんは動物のお医者さんのことで、動物が病気になれば投薬や手術をするなどして治療にあたってくれる存在です。
どんなに動物についての知識があっても、もしもの時には自分で大事な猫ちゃんなどの病気を治してあげることはできません。

また大事な猫ちゃんが何かの病気かかって療養食が必要になる場合は、必ず獣医さんの指示のもとでキャットフード選びを行わなければいけません。
この場合は療養食が薬と同じような働きをするため、自分で勝手に餌を考えて与えてはいけません。
療養食にはそれぞれの病気に合わせて与えてはいけない成分や与えるべき成分が配合されているので、それ以外のモノを与えてしまうと病気を悪化させてしまう場合もあります。
療養食には獣医師専用と表示されている商品もあり、このような商品は通販やホームセンターでも簡単に入手できますが、診察を受けずに与えることは危険行為だと思って絶対にしないで下さい。

大事な猫ちゃんの体調が悪い時や餌をきちんと食べない場合は、すぐに専門家である獣医さんに相談して下さい。
獣医さんに相談すると、猫ちゃんに合ったキャットフードの選び方を教えてくれます。
基本的にはあまりにも安価な商品を与えないことです。
安価なキャットフードには猫ちゃんの体に害を与える危険な添加物がたくさん配合されていて、人間にとってはジャンクフードのようなモノです。
ジャンクフードは確かに美味しく感じてしまいますが、これは香料などの添加物を使用して猫の食いつきを良くしているだけで、そのような餌を長い間与えていると確実に寿命を縮めてしまいます。

このように大事な猫ちゃんに何かあった時には、獣医さんは頼りになるなくてはならない存在です。
健康管理の第一はキャットフードです。
しかし病気になった時には必ず獣医さんの指導のもとで食べ物を与えるようにしなければいけません。